医療用ウィッグについて

失敗しないウィッグの選び方について
未分類

医療用ウィッグとは

おしゃれをする上でファッションとして洋服をコーディネートするのと同じくらいおしゃれのウエイトが大きいのがヘアースタイルです。自然な髪にウィッグを使ってさらにおしゃれなヘアースタイルを楽しむことができます。そのウィッグのも一般的なファッションとしてウィッグと医療用ウィッグがあります。特に医療用ウィッグは薬事法的に認められたものではなく、主に抗がん剤治療をおこなっている患者さんが脱毛や薄毛に対する対策用として用いられているのを医療用ウィッグと呼ばれています。ただし製品上医療用として患者さんがより使いやすい製品へとするための規格の基準が2015年4月に経済産業省よりJIS規格として定められ、医療用ウィッグとしての基準は定められました

薬特別に医療用ウィッグとしての定義があるわけではありませんが一般的には抗がん剤治療の副作用や円形脱毛症または外傷といった理由により脱毛した部分をカバーするものというのが医療用ウィッグという考え方です。薬事法的にも医療器具として認められたものではありませんし、健康保険や高額医療の適用にもなりません。しかし自治体によってはウィッグの購入代金の一部を助成する制度を設けている自治体もありますので調べてみる価値はあります。実際にウィッグといえども決して安いものでもありませんし、使い捨てするようなものでもありませんのでウィッグに対しても正しい知識や情報は必要になってきます。また脱毛によって大きく外見に変化をもたらしますので、ウィッグの使い方も上手に使わないと逆に違和感を与えてしまうこともあります。そのためにも失敗しないウィッグの選び方も大きな要素となります。

○参考記事○
ウィッグのオーダー
ウィッグのタイプ
ウィッグの準備