医療用ウィッグについて

失敗しないウィッグの選び方について
未分類

ウィッグのオーダー

女の子抗がん剤の種類によって脱毛も高頻度に起こすようになります。脱毛の仕方にも個人差がありますが抗がん剤投与から10日から20日後くらいから脱毛が始まります。そして約1ヶ月で9割が抜け、3ヶ月で残りの髪の毛が抜けるようになります。この時は頭皮のケアや感染などのトラブルにも注意が必要です。また脱毛の期間を経て自髪が回復するまでには約1年半から2年くらいの期間を要します。したがってウィッグを使用する期間は決して短い期間ではありません髪の毛の量も変化し続けています。抗がん剤の投与が始まって脱毛した段階でウィッグを準備するのでは自髪が生えてきてからと髪の量が違うのでサイズが合わなくなります。したがってウィッグは抗がん剤治療を始める前に準備をしておく必要があります。その時のポイントは脱毛した状態を想定して試着をすることです。

またウィッグを購入する場合、既製品から選ぶ、セミオーダーを依頼する、フルオーダーで依頼する3つのパターンで購入が可能です。既製品の特徴は安く購入できることで概ね1万円から10万円で購入することができカタログや通販などで手軽に購入できます。ただし出来上がったデザインから選ぶので毛量や長さ、サイズの調整ができません。セミオーダーは8割ができ上がっているデザイン、色、サイズの中から選び希望のスタイルにカットをしてもらい自分の頭の形にサイズを調整してもらうことができます。納期はおおよそ1週間程度でできますが専門知識と技術が必要になるので価格も5万円から30万円と若干高めとなっています。そしてフルオーダーに関しては毛質、スタイル、特殊な色などすべて自分の好みに応じて自由にオーダーができるので自分に合ったウィッグを使うことができます。しかし納期は30日から40日程度要し価格も30万円から80万円と高価なウィッグとなります。ただしウィッグの使用期間は予想以上に長い期間を要します。そう考えるとデザインや色、価格なども大事な要素ですが一番は着け心地が良いものやサイズ調整がしやすいものを選ぶことが大事になります。

○参考記事○
ウィッグのタイプ
ウィッグの準備
医療用ウィッグとは

未分類

ウィッグのタイプ

艶のある髪抗がん剤治療によって起こる脱毛をウィッグでただ覆うというだけでは反対に違和感を与えます。実際に長い髪の人や髪量の多い人は変化が顕著に表れます。そこでウィッグも見た目においても自分に合ったものを選ぶことが大事です。ウィッグにも髪質があり大きくは3つのタイプに分かれます。まず一つ目は人毛タイプで人毛を特殊加工で作ったウィッグです。質感や手触りは自然なもので耐久性にも優れています。カットやパーマ、ドライヤーやカラーでのアレンジができます。ただし洗うたびにセットをしないとスタイルが保持できないので手入れに手間がかかるのと価格が高めというのが点がネックになります。

二つ目は人工毛で合成繊維からできていてポリエステルやナイロン系がほとんどです。ヘアースタイルの種類も豊富に揃っています。熱や摩擦に弱く耐久性には欠け毛先も縮れやすくなっています。ナイロンやポリエステル独特のテカリ方をするので不自然な感じを与えやすくなります。価格は安価ですがロングヘアーの人にはあまり向いていません。

三つ目はMIX毛です。これは人毛と人工毛のいいところを合わせたウィッグといえます。人毛の自然な質感と人工毛の形状が記憶されやすい繊維によってヘアースタイルを維持しやすいとう特徴があります。カットやアイロンなどでアレンジを楽しめるのと一番は洗ってもスタイルが維持できるので手入れが楽だということです。人毛と人工毛の割合は人それぞれの好みになりますが人毛が3〜4割くらいが自然な雰囲気を出せると言われています。

○参考記事○
ウィッグのオーダー
ウィッグの準備
医療用ウィッグとは

未分類

ウィッグの準備

抗がん剤治療を行う中でウィッグを使うのは大半が女性です。そして抗がん剤治療をしている女性の悩みの上位に常に入るのが脱毛の問題です。女性患者にとって脱毛は精神的にダメージが強く治療そのものを拒否したくなるほど辛いものだと言われています。したがってウィッグが頭皮の保護に役立つという意味もありますが、精神的な苦痛や不安を和らげる上で効果が大きいものでもあります。脱毛の可能性が高い人や薄毛の人は治療前にウィッグを準備することをオススメします。治療前にウィッグを準備することで安心感が生まれ治療に専念することができます。

女性抗がん剤治療が始まると髪が抜けて頭皮が敏感になります。したがって医療用ウィッグはまず地肌に優しい素材を使用しています。さらには長時間つけることが多いので通気性やズレたり外れにくいというのがウィッグを選ぶポイントになります。また抗がん剤治療が始まると毛が抜け始めますが治療が終了するとまた毛が生えてくるようになります。時期によって髪の量が変わっていくので頭のサイズも変わってきます。そうなるとウィッグのサイズも変わっていきますのでサイズが調整できるウィッグを選ぶことが大事になります。髪の状態に合わせて柔軟に対応できる機能がついたウィッグが使用中の不安を解消してくれます。

○参考記事○
ウィッグのオーダー
ウィッグのタイプ
医療用ウィッグとは

未分類

医療用ウィッグとは

おしゃれをする上でファッションとして洋服をコーディネートするのと同じくらいおしゃれのウエイトが大きいのがヘアースタイルです。自然な髪にウィッグを使ってさらにおしゃれなヘアースタイルを楽しむことができます。そのウィッグのも一般的なファッションとしてウィッグと医療用ウィッグがあります。特に医療用ウィッグは薬事法的に認められたものではなく、主に抗がん剤治療をおこなっている患者さんが脱毛や薄毛に対する対策用として用いられているのを医療用ウィッグと呼ばれています。ただし製品上医療用として患者さんがより使いやすい製品へとするための規格の基準が2015年4月に経済産業省よりJIS規格として定められ、医療用ウィッグとしての基準は定められました

薬特別に医療用ウィッグとしての定義があるわけではありませんが一般的には抗がん剤治療の副作用や円形脱毛症または外傷といった理由により脱毛した部分をカバーするものというのが医療用ウィッグという考え方です。薬事法的にも医療器具として認められたものではありませんし、健康保険や高額医療の適用にもなりません。しかし自治体によってはウィッグの購入代金の一部を助成する制度を設けている自治体もありますので調べてみる価値はあります。実際にウィッグといえども決して安いものでもありませんし、使い捨てするようなものでもありませんのでウィッグに対しても正しい知識や情報は必要になってきます。また脱毛によって大きく外見に変化をもたらしますので、ウィッグの使い方も上手に使わないと逆に違和感を与えてしまうこともあります。そのためにも失敗しないウィッグの選び方も大きな要素となります。

○参考記事○
ウィッグのオーダー
ウィッグのタイプ
ウィッグの準備